11期, 本番

「TARI TARI」5周年記念スペシャル 〜観たり喋ったり、あとは時々歌ってみたり〜

白高同好会の発足から4年半。「TARI TARI」の放送から丸5年が経ちました。
第11期となる今期は、その5周年をお祝いするイベントを開催しよう!と、10期終了からイベントまでわずか2ヶ月での突貫工事。短い期間に11回の練習を重ね、久しぶりの演奏となる「Dreamer」「潮風のハーモニー」を含む4曲を準備しました。

5周年イベントはなんとtari tari projectの皆さんのご後援・ご協力により、坂井和奏役の高垣彩陽さん、宮本来夏役の瀬戸麻沙美さん、橋本昌和監督、さらにOPテーマ曲「Dreamer」のAiRIさんをゲストにお迎えしてのスペシャルイベントとなりました。

題して
白浜坂高校合唱同好会「TARI TARI」5周年記念スペシャル
〜観たり喋ったり、あとは時々歌ってみたり〜

渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホールの夜コマのみの空きを運良く見つけ、そこを会場にしたので、当日はなんともタイトなスケジュール。
午後に築地社会教育会館での練習を終え、18時のホール入りからは怒濤のスケジュール。ゲストの皆さんとの台本読み合わせ、舞台セッティング、合唱場当たり、音響確認、映像確認、AiRIさんの歌のチェック、コメント用のマイクチェック…。これらを1時間で何とか終え、慌ただしく開場。
チケットは早々に完売していたので、会場はまさに超満員でした。
ナガッチョさんの心遣いたっぷりの前説に続いて、予ベル代わりに白浜坂高校校歌を混声四部合唱にて披露。

開演予定時間に合わせて高垣さん、瀬戸さん、橋本監督をお迎えしていよいよ生コメンタリー付き上映会スタート。
1本目は瀬戸さんセレクトの第7話。シロサイの出し物を決めたり、紗羽が無理なダイエットしたりするあの回です。瀬戸さんのセレクトポイントは「みんなが描いたイラスト」。出し物を決めるホワイトボードにキャストさんが実際に描いたイラストが使われているんですよね。
2本目は高垣さんセレクトの第10話。ガンバライジャー回ですね。こちらはやはりウィーンが諦めずに追い続け、ぼろぼろになりながらも立ち上がり歌うあのシーンがポイントとのこと。話数だけ聞いたときは、会場みんなで「だかだかだーだっだー!」するのもいいなと思っていたけれど、「あそこをみんなに聞いて欲しい」という高垣さんの思いを伺ったので、会場をあおるのはやめました。

あっという間の上映会を終え、次はトークコーナー。
お三方が今振り返ってこの作品はそれぞれにとってどんな作品だったか。という質問からスタート。さらに”白高生からの質問”として「キャラクターとして合唱するうえで気を付けたことは?」「それぞれの今を~たり~たりで表すと?」といった質問にお答えいただきました。あっという間でもっともっとお話しいただきたかったけれどタイムアップ。ここでいったん3人とはお別れ。

つづいてのゲストはAiRIさん。作詞されたときは3話までの台本で書かれたんだそうで、まるで13話まで知ってて書いたかのような歌詞に改めて驚きました。
クオリティが高く安定しているAiRIさんの歌声はいい意味でCDかと思うくらい。会場も大盛り上がりでした。あと、舞台袖の白高生たちね笑

ここで白浜坂高校合唱同好会による合唱パート。
AiRIさんが歌ったばかりの「Dreamer」と上映会でも聞いたEDテーマの「潮風のハーモニー」をというなかなかにハードルの高い選曲でしたが、なんといってもメンバーの「TARI TARI」愛が爆発している状態での演奏だし、さらにお客さんが満席の気持ちよさもあって、みんなの笑顔がいつも以上に弾けていました。
感想をみると演奏もとても好評でほっと胸をなで下ろしました。

最後は会場のみなさんと、ゲストの方々と、総勢350名でメインテーマとも言うべき「心の旋律」の大合唱。このイベントを観に来てくださった作詞のriyaさんにも舞台にあがっていただきました。
演奏前に1番の最初は女声のみで、2番の最初は男声のみで、とだけお願いして始めましたが、そういえば一番の最後も女声だけだな…と思っていたら、自然とそこは女声だけになる。みんなの作品愛を強く感じて嬉しくなりました。そしてその後の2番の男声の分厚さ!!たぶん300人弱が男性だったかと思いますが、厚さと熱さとのなかに、歌の持つ優しさも存分にあって、ステキでした。

歌い終わるとゲストの皆さんも口々に「合唱楽しい」と言ってくださって。
最後に一言ずつご挨拶いただいて、無事終演となりました。

最後の〆は高垣さんの思いつきで
「人がいるって」
「「「いいね!!!」」」

今日上映した7話冒頭の名言。
私がこの合唱団で体現したかったこと。
第1期の本番に向けて高垣さんが監督を経由して贈ってくださった言葉。
やっぱりこの言葉につきますね。

今期も65人ととても多くの人が参加してくれて、おかげさまで盛大に5周年のお祝いをすることが出来ました。
ピアニストのすみの
譜めくリストのひろみ
ステマネのかんちゃん
今期は初めて私不在の公式練習を組んだのですが、そこで指導してくれたなーぽん運営で支えてくれた多くのメンバー
そして参加してくれた一人一人に改めて感謝します。
ありがとうございました。

今回は「TARI TARI」の5周年でしたが、来年は白高同好会が5周年を迎えます。
これまで歌ってきたたくさんの曲や、ここまでの経験を生かしてさらに挑戦してみたい曲。そんなものを集めて、演奏会をしたいな、と思っています。
時期は来年秋予定。

そんなわけで、次は演奏会で、あんな曲やこんな曲もやっちゃいます。
よかったらぜひ一緒に歌いませんか?

「人がいるっていいね」
を味わいましょう。

白浜坂高校合唱同好会
主宰・指揮 三好草平