合唱団わをん

【田中達也個展】12期の最終練習!

3月12日は、わをん12期の最終練習でした!

全員を4つのアンサンブルに分けて、声をあわせ重ねる特訓。
一人一人が『ミライノコドモ』の譜面と改めて向き合う。

メンバーの提案によりチーム名をつけてみたり。

編曲作品ステージのわをん単独曲の練習では、女声と男声が向かい合って歌いました。
やりとりを楽しむ!君と目がー合うーたーびー♪(´θ`)ノ
わをん名物(?) はみば先生によるとり(鶏)さばきも、今期ラスト!

個展当日までは、まだ、最後の合同練習とゲネプロがあります。残り9日、一人一人が改めて田中達也作品の譜面と向き合い、みなさまに“共感”をいただけるよう、がんばります! (やが)

 

*残席僅少*
チケットのお申込は
東京都合唱連盟チケットサービス(http://www.cnplayguide.com/tokyochorus)または
お近くの出演者までお申し付けください!

田中達也合唱作品個展 -光のかたち-
2019年3月23日(土)開演18:00
府中の森芸術劇場ウィーンホール
全席自由2500円(未就学児入場不可)
指揮:野本立人/三好草平 ピアノ:前田勝則/松元博志
合唱:アンサンブル・ヴォカル・アルカイク=東京/合唱団わをん
ゲスト:Speranza Oriente

#田中達也個展
#光のかたち
#tatsuyatconcert
#わたしの水平線をたるませる


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です